昭和設計

Sport

大阪市下水道科学館

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

当施設は、大阪市の下水道事業着手100周年事業として、“水”をテ-マに、市民に水資源に対する理解の場を提供することを目的としている。4フロアに及ぶ展示ホ-ルの他、多目的ホ-ル、図書・ビデオル-ムを持ち、最上階の温室には高度処理水を利用した滝が流れるとともに、植物の水耕栽培も行われている。また、冷暖房には処理水を熱源とするヒ-トポンプ方式を採用している。屋外空間は、滝や池とそれを楽しむ仕掛けとしてのブリッジを配し、水と緑にあふれた親水空間として表現し、地域に開かれた広場としてデザインしている。

所在地大阪市此花区
竣工年月1995.4
延床面積3,544㎡
構造規模SRC+S
階数B1-6F
施設用途
  • 展示・記念施設
  • 受賞
    第4回建設大臣賞(いきいき下水道賞)
    撮影者松村芳治

    このプロジェクトに関連するソリューション

    ページトップへ