昭和設計

採用サイト

Sport

大阪大学大学院医学系研究科附属最先端医療イノベーションセンター

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

本プロジェクトは産・学・官の技術の橋渡しの拠点、次世代創薬・再生医療の実現化を目指す拠点づくりである。建物は主に、医学部の研究・教育を展開する「医学部ゾーン」、学内外の研究者が入居するレンタルラボや共同利用機器室・動物実験施設といったサポート機能を備える「産学官連携ゾーン」の2 つの用途から成り立っている。本計画では、「繋ぐ」ことをテーマに、

・研究と交流
 (研究者、教育関係者、学生の結びつき)
・計画施設とキャンパス周辺環境
・計画施設と自然環境

の相互関係を深め、新たな価値を見出すような施設づくりを目指した。

所在地大阪府吹田市山田丘
竣工年月2014.02
延床面積18,405㎡
構造規模S+SRC
階数B1-9F
施設用途
  • 大学
  • 受賞
    第49回SDA賞
    撮影者松村 芳治

    このプロジェクトに関連するソリューション

    ページトップへ