昭和設計

採用サイト

Sport

社会福祉法人 のじぎく福祉会 特別養護老人ホーム れい和こすもす園

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

定員29名、短期入所10名の地域密着型特別養護老人ホーム。
住み慣れた地域の利用者が入所する施設として、以下3つの点に配慮した。

①外部とのつながり:閉じられた施設になりがちな特養において、住み慣れた地域の自然を感じながら生活を送ってほしいと考えた。外溝に散歩道を設け、四季の花を楽しめる庭、家族も一緒に交流・活動ができる安全な中庭、どこにいても外部を感じられる抜けのある開口部など、外部とのつながりを意識してデザインしている。
②様々な居場所:段階的空間構成を意識して、特養の居室と共同生活室が直接面しない計画、廊下の一部に溜まり空間を設けた。居室、廊下、共同生活室、中庭、外溝と徐々に環境の変わる場を設けることで、環境に適応しやすくなり、自分の居場所を見つけられるようにしている。
③回遊性:ユニット廊下、中庭、散歩道の回遊性が生活にリズムを与え、積極的に身体を動かすきっかけになればと考えた。

所在地兵庫県県加古川市神野町
竣工年月2020.8
敷地面積18,599㎡
延床面積1,831㎡
構造規模S
階数1F
施設用途
  • 福祉施設
  • 施設概要特別養護老人施設(39床)
    撮影者松村芳治

    このプロジェクトに関連するソリューション

    ページトップへ