昭和設計

採用サイト

Sport

京都市美術館(通称:京都市京セラ美術館)

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

昭和8年に開館した「帝冠様式」の美術館本館を整備し、後世に引き継ぐと共に、現代美術展示室、収蔵庫、賑わい施設などを内包する新館を増築。新館は京都市動物園との間に新たな人の流れを生み出し、既存本館、日本庭園との適切な調和を築くよう整備。
前面広場を傾斜させてできた「スロープ広場」神宮道を軸とした遊歩ルートとして整備され、岡崎の文化施設を繋げ、神宮道を軸とした回遊ルートで、市民に様々な活動や憩いの場を提供。
「ガラスリボン」と名付けた、本館地下のガラスファサードの新たなエントランスは、本館を引き立てるランドスケープの一部として扱い、前面広場を「スロープ広場」に変形させることにより生まれた裂け目に、エントランス機能を内包。

所在地京都市左京区岡崎円勝寺町
竣工年月2019.10
敷地面積25,383㎡
延床面積19,495㎡
構造規模本館:RC+SRC+S  新館:S+RC.
階数B1-2F
施設用途
  • 美術館
  • 受賞
    グッドデザイン賞 ベスト100
    第8回京都建築賞 最優秀賞
    第30回AACA賞
    第10回耐震改修優秀建築・貢献者表彰(耐震改修優秀建築賞)
    2020年度建築優秀選 JIA日本建築大賞
    第1回 日本建築士会連合会 建築作品賞 優秀賞
    撮影者来田猛

    このプロジェクトに関連するソリューション

    ページトップへ