昭和設計

採用サイト

Sport

兵庫県立考古博物館

  • 1
  • 2
  • 3

「古代の丘」と「地層の壁」
博物館は、弥生時代の遺跡で竪穴式住居の復元された大中遺跡公園に、考古学を研究し楽しむ拠点施設して整備された。遺跡公園の古代環境形成に寄与するべく、建物は地中に埋没させて日本古来の種「チガヤ」を植え、「古代の丘」創出を目指した。また、歴史を伝える「地層」をイメージ化したシンボリックな「地層の壁」を設え、博物館と公園の回遊性を高めている。「参加体験型博物館」の実現地層の壁に沿って展示室や体験学習室などを分散配置し、アトリウムを介して自由に往来できる空間構成を行った。発掘疑似体験をはじめ、ハンズ・オン展示の展開、遺物の組み立て作業をダイナミックに見せる設えなど、考古学を体感できる「参加体験型博物館」を実現している。

所在地兵庫県加古郡播磨町
竣工年月2007.3
延床面積9,778㎡
構造規模RC+S+SRC
階数B1-2F
施設用途
  • 博物館
  • 受賞
    平成19年照明普及賞
    第42回SDA賞
    撮影者日刊建設工業新聞社(1)松村芳治(2,3)

    このプロジェクトに関連するソリューション

    ページトップへ