昭和設計

医療・福祉

Sport

特別養護老人ホーム駒どりの郷

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

【設計主旨】
本施設は、社会福祉法人駒どりの2つ目となる特養の建設である。「もうひとつの家・もうひとつの家族」という法人の理念のもと、地域に根差した安心できる施設づくりを目指した。
【地域になじむ外観デザイン】
周辺は山に囲まれた閑静な住宅地である。地域に溶け込み、威圧感を低減する外観デザインを目指した。レンガ風タイル、砂壁調吹付などの自然風素材により温かみのある建物とした。また隣接する小規模多機能施設に協調する色使いとし、統一感のある街並みを創り出している。
【「神戸」を表現したサイン計画】
本施設を構成する9つのユニットにそれぞれテーマカラーを与え、サイン計画を展開。カラーは神戸市を構成する9つの区の個性を色として抽出したものとした。
木々の重なりをモチーフとしたパターンを、水彩絵の具で柔らかく描いたデザインとし、色の滲みや色の混ざり合いにより、ユニットの垣根を越えた人と人とのふれあい、助け合いを表現した。

所在地神戸市北区西大池
竣工年月2016.02
敷地面積2,668㎡
延床面積5,327㎡
構造規模RC
階数5F
施設用途
  • 福祉施設
  • 施設概要特別養護老人ホーム(定員80名)、ショートステイ(定員10名)、デイサービス(定員30名/日)、居宅介護支援事業所
    撮影者フォトワーク 砂川敏夫

    このプロジェクトに関連するソリューション

    その他「医療・福祉」プロジェクト

    ページトップへ