昭和設計

Sport

長居陸上競技場
(現:ヤンマースタジアム長居)

  • 1
  • 2
  • 3

当施設は、大阪市南部の長居公園内に位置し、世界に開かれた国際都市大阪を目指し、以下の3項目をデザインコンセプトに計画されたスタジアムである。
①“未来への飛翔”スポーツのエキサイティングな感動・夢を乗せ、21世紀へ向けて飛びたつ鳥
の翼をイメージした屋根形状。
②“メモリアルシンボル”列柱の力強い直線とスタンド、及び屋根の優しい曲線との対比から醸し出される象徴的なファサード。
③“ドラマチックスペース”光を透過する膜材と立体トラスで覆われた明るく躍動感溢れるスポーツ観戦空間。

所在地大阪市東住吉区
竣工年月1996.5
延床面積52,300㎡
構造規模RC+S
階数5F
施設用途
  • 競技場
  • 施設概要収容人数50,000人
    受賞
    第20回電気設備学会賞
    平成14年優良消防防災システム表彰
    景観照明感謝賞
    平成9年照明普及賞
    1997JID賞
    撮影者日刊建設工業新聞社(1)、 松村芳治(2)、(株)オーシャンデバイス(3)
    PDFダウンロード

    このプロジェクトに関連するソリューション

    ページトップへ